作業員

地盤が基礎|平板載荷試験工事を行なう極意

生活に影響を出さない

自分が暮らしている土地の汚染度を知るためには、土壌汚染調査を行う必要があります。汚染されていた場合は、汚染された土壌を取り除くことで安全な暮らしをすることができます。放っておくと人体に悪い影響がでるかもしれません。

地盤の安全を確認する

作業員

試験の際に気をつけること

建物を建てる前には平板載荷試験を実施し、その地盤が安定しているかどうかを確かめなければなりません。必要な支持力の三倍の圧力をかけることによってその地盤がどれだけ頑丈かを調べるのです。この際には、それまでの天気などにも気をつけるべきといえます。雨が数日降っていたくらいでは問題なく平板載荷試験可能です。アルミブリッジの下で行うのでそこまで気にすることはありませんが、梅雨の時期や台風のときだと出てくる数値にかなり影響が出てしまいます。作業スペースの確保など廃炉しなくてはいけないことはありますが、天候などにもしっかり気を遣うべきです。機材の手配などを行う際は人と機械だけでなく、天候にも警戒しましょう。

試験を行う目的

平板載荷試験は大きな建物を建てる際に必ず行うように、国や自治体から定められています。そうしなければ、あとあと厄介なことになるので当然です。試験そのものの目的は地盤の支持特性の把握であり、どういった特徴を持った地面なのかを調べるためのものとなっています。それはその土地にどういった改良を施せばいいのかを調べることでもあるのです。地盤改良を適切に行えば、今の日本の土地はほとんど使うことは十分可能となっています。なので、もしかした建築できなくなるかもしれないと考えずに気楽に平板載荷試験を実施していきましょう。よほど水はけの悪いところでなければ地盤改良はすぐに完了します。まずは地盤がどうなっているのかを知るために、平板載荷試験を確実に実施しましょう。

ハザードマップで確認

最近は地震が多くなっています。そのため、家屋の倒壊や火災、津波などの被害が多くなりますが、液状化現象も災害の一つです。液状化対策として地盤を強化することが挙げられます。費用は掛かりますが、修理費用と比較すると安上がりなのです。

トラブル防止のために

地盤調査にはいくつかの方法があります。調査を行う理由や求めること、費用などを考慮した上で、どのような方法が最適かを業者と話し合った上で方法を決めるようにしましょう。改良工事が必要となった場合には、調査を行った業者とは異なるところに依頼したほうが良い場合もあります。